外壁塗料の必要性

外壁塗装の必要性について語っていきたいと思います。

建て物は厳しい条件下にさらされています。風雨や日射といった自然からの影響、ことの最近は
酸性雨や大気衣汚染による建物の汚れや傷みが目立ってきています。ここでは建物の傷みを早める原因を紹介いたします。
http://reformwallgic.info/archives/166
① 自然の力・・・大切な財産である住まいは、非常に厳しい環境条件にさらされています。強い日差しや雨、地震などと自然からの影響は過酷なものです。それに加えて、最近は環境汚染による酸性雨や、汚染物質が付着して傷みや汚れを早めています。
② 建材の変化・・・木造建築の下地材は、従来無垢板が使用されていました。今はいろいろな事情から、合板を使用するのが一般的です。しかし湿気に弱いのが合板の致命的欠点です。合板はまた接着剤の劣化によって、長い間には「ふけ」てきます。合板の多用が住宅の寿命を早めています。例をあげると、築20年以上の住宅では、床板がふかふかしてくることがよくあります。湿気で床下が腐って来たのでは?と心配される方いますが、ほとんどの場合、そうではありません。床板をはがしてみると根汰(下地の桟)の痛みではなく、床板の「ふけ」が原因であることが多いです。もちろん流し付近や浴室付近の湿気によるものは例外です。

建築に関する雑学やつぶやきサイトです。素人も玄人の方もどんどん建築やリフォーム、住宅に関して書いていきます。