太陽光発電の意外性

ソーラー発電を住宅に導入する際に設置するのが、屋根のうえのソーラーパネルです。イメージとしては「真夏のカンカン照りだとたくさん発電する」という感じかもしれませんが、実は意外なことに、あまりにもソーラーパネルの温度が高くなりすぎると発電量は逆に減少するといわれています。
発電量が最大になるのは、モジュールの温度が25度のとき。それ以上になると発電量ががくっと減少しますが、また25度前後まで温度が下がってくると発電量は増します。実は屋根の上は真夏にはかなり高温になりますが、あまりにも熱くなっている時はたいして発電していないと考えたほうがよさそう。これが太陽光発電の意外な一面なのですが、一般的にはあまり知られていないことなのです。
もちろんメーカーによっては熱に強いソーラーパネルを作っているところもありますので、太陽光発電導入のリフォームを行う際には、こうした点にも注意しながら検討するといいでしょう。

建築に関する雑学やつぶやきサイトです。素人も玄人の方もどんどん建築やリフォーム、住宅に関して書いていきます。