外壁塗装における色選びのポイントその③

PR| 国内外の壁紙専門店|

色は外壁の種類や艶、凹凸による影などの影響を受けます。

つや消し塗装は艶あり塗装に比較していくから白tぽい感じに仕上がります。
外壁の塗装は、スタッコ調の模様やサイディングの模様によって影が出来、その影響で色目が濃く感じることがあります。フラットな面への艶あり塗装はうすめの色に仕上がります。装メーカーの外壁用色見本は紙に印刷したもので艶は少なく、実際の仕上がりは鮮やかな色に感じになることがあり、微妙にちがってきますので注意が必要です。

外壁塗装リフォームや太陽光発電リフォームにおける色選びのポイントその④
○外壁と他の部分を合わせて、配色は2~3色に留める。

建て物は部位によって使用される材質も異なることが多いものです。
アクセントを付けるためにそれぞれの部位を色分けすることも必要ですがあまり多くの色を使いますと、住まい全体の統一感と品格が失われてしまいます。
どうして多くなりそうな時は同系色の濃淡でまとめるスッキリとするでしょう。

建築に関する雑学やつぶやきサイトです。素人も玄人の方もどんどん建築やリフォーム、住宅に関して書いていきます。