設置する角度について。

PR| http://www.yoko-kensetsu.com/customer/|

ソーラー発電システムで一番大事な、発電モジュールを設置する屋根のお話をしようと思います。

太陽の光を受ける向きによって発電量が大きく変化するので、発電モジュールをどの方向に向けて設置するかが大きなポイントです。やはり屋根の向きが南だと発電量が一番多いといわれています。東、西向きでもそれなりには発電しますが、やはり南向きほどではありません。北向きはというと、あまりお勧めできません。もし北にしか設置することができないようなら、ソーラー発電はあきらめたほうがよい、とまで言われるくらいです。

 

屋根のタイプによっては平屋根とよばれるものがあります。フラットルーフともいいますが、平らな屋根で傾斜がついていないもののことです。太陽の光を受けるには、ある程度の傾斜があるほうが有利といわれています。傾斜をつけるために、設置台自体に角度がついている、特別なものが必要になります。ややコストはかかりますが、理想の設置角度に近づくという利点もあります。

建築に関する雑学やつぶやきサイトです。素人も玄人の方もどんどん建築やリフォーム、住宅に関して書いていきます。