ソーラー発電の一般家庭への普及

今から二十年ほど前までは火力発電が主流でした。それから原子力発電所の建設が始まったのですが、危険だということで反対運動が活発になり、雑誌記事や書籍でも原子力発電の危険性について警鐘をならすものが多く出版されました。そこで大量にCO2を排出する火力発電や原子力発電にかわるものとして、ソーラー発電やその他の再生可能エネルギーに注目が集まりましたが、コストが高く実用に向かないという理由で、いったん表舞台から消えたようにみえました。

その後、世界的なCO2の排出量を減らそうという動きや、東北の震災で原子力発電所が停止したことなどの影響を受けて、またソーラー発電に注目が集まっています。発電によって自然環境を汚すこともありませんし、そこに注目をして自分の家庭にソーラー発電を導入する方も多いようです。システム自体の価格も下がってきていますし、国や地方自治体の補助金制度という後押しもあって、今後も一般家庭への普及率は上がっていくのではないでしょうか。

PR|  リフォームを検討中なら横尾建設

建築に関する雑学やつぶやきサイトです。素人も玄人の方もどんどん建築やリフォーム、住宅に関して書いていきます。