防水工法のアスファルト防水

PR| 新潟県で一軒家を建てる

前回に引き続き防水の種類の紹介です。今回はアスファルト防水です。
アスファルト系防水は、工法が沢山あります。一つ目は熱工法があります。熱工法はアス
ファルトをまず窯で溶かし、そのアスファルトを塗り、2枚から4枚のアスファルトルーフ
ィングシートを貼っていく工法です。短時間で硬化する点が良い点ですが、窯を使い作業
をする為に、火災や火傷の恐れがあります。
次にトーチ工法ですが、1枚から2枚の改質アスファルトルーフィングシートを火であぶ
りアスファルトの膜を溶かしながら貼り付ける事ができます。段取りが簡単ですが、作業
をするのに熟練が必要になります。
http://reform-konuma.jp/example/
  最後に常温工法です。名前の通り火を使わない工法です。この工法は、下地にプライマ
ーを塗り、乾燥をした後に改質アスファルトルーフィングシートを張り付けていきます。
その後上からローラーによる圧をかけて接着させます。良い点は加熱をしない事と溶剤を
使わないので安全性がありますが、寒い時期など、低温時固くなってしまい、粘着性が低
くなるので接着しにくい事があります。

屋根瓦のリフォーム改善のことならおまかせ

建築に関する雑学やつぶやきサイトです。素人も玄人の方もどんどん建築やリフォーム、住宅に関して書いていきます。